Blog

concrete5 5.7で設定ファイルからデバッグレベルを変更

Posted by admin at 20:27 日時 2014/09/14

下記の内容で application/config/concrete.php ファイルを作成する。

<?php    return array(      'debug' => array(          'level' => 1      )  );

※追記

5.7.0.2以降、変わります。

<?php    return array(      'debug' => array(          'display_errors' => true, // 初期設定は 'false'          'detail' => 'debug' // 初期設定は 'message'      )  );

設定前

設定後

ここから下はメモ。

デバッグレベルの切り替えは concrete/src/Error/Handler/ErrorHandler.php 内の下記の記載で行なわれている。

$debug = Config::get('concrete.debug.level', 0);

Configクラスは5.7から仕様が変わっており、これまで通りデータベースから値の読み出しを行なうが、設定ファイルから指定することも可能になっている。ConfigはLaravelのConfigrationを使っており、Laravelの仕様に準じる。

LaravelのConfigurationのドキュメント(英語)


Share this entry

Blog Entry Topics