Blog

concrete5のDebug Kitの使い方

Posted by admin at 19:49 日時 2015/09/02

#

実に素晴らしいアドオンがリリースされました。concrete5 でテーマやアドオンの開発をしている方すべてにオススメです。デバッグが容易になるばかりか、APIドキュメントを見に行く手間も省けます。

Debug Kit をダウンロード

Debug Kit の使い方はかんたんです。デバッグしたい変数を d() 関数に入れるだけ。アドオンをインストールしたら使えるようになります。

$a = new Area('Main');  $a->enableGridContainer();  $a->display($c);  d($a);

ただし、デバッグ設定で「サイトユーザーにエラー情報を表示」が有効になっている必要があります。

このデバッグ表示は Kint というライブラリを使用しています。詳細な使い方は Kint のオフィシャルサイトへ!

 

 


Share this entry

Blog Entry Topics