Blog

フリーランスになって初めて確定申告して分かったこと3つ

Posted by admin at 21:50 日時 2011/03/08

確定申告。ああ、カクテイシンコク。なんと重苦しい響きでしょうか。
フリーになりたいなと思ってなったはいいものの、嫌でも向き合わなきゃいけない税金の話。一切な〜んにも分かってなかったのですが、初めて確定申告なるものを提出して、そういうことだったんだ!と分かったことを、カンタンに書いておこうと思います。

確定申告っていったい何よ?

所得税の自己申告のこと。所得とは、自分の1年間の収入から経費やら控除やらをさっぴいた残り。その所得にかけられるのが所得税ということです。

Web屋としてお仕事した収益は確定申告書の「事業収入」の欄に記入します。この額は収支内訳書というもので計算します。さらに僕の場合は、以前正社員として務めていた制作会社とも時間契約で仕事をしているので、そこから給与が出ています。この額を、源泉徴収票を参考に「給与収入」の欄に書きます。

収益内訳書とは、事業としての収入と経費を記入し、収益額を計算するための紙です。収入は請求書を発行した段階で発生し、銀行口座に振り込まれたタイミングではないそうです。

Webで入力できて、自動で計算してくれる!

電子申告(e-Tax)のサイトがあって、このサイトで収益と経費の額を入力すれば、あとは全部計算して印刷するPDFまで出力してくれます。これは便利!税金かけて開発しているだけあって、まぁまぁ入力しやすかったです。

申告会場に行ったら税理士さんに相談できた!

確定申告の時期には税務署や市民センターで確定申告を手書きで記入して提出するための会場が用意されるみたいです。僕は電子申告したのですが、不安だったので印刷したものを持って行って、会場を巡回している税理士さんに見てもらいました。

以上、初めて確定申告して分かったことでした!
すでにフリーランスでやっているかたは何を今さらというか、それを知らなくてよく会社やめたな!と言われそうですが…。この辺の基本が分かっていなかったのです。でも、分かってしまえばそんなに怖がらなくてもよかったみたいです。

おまけ:青色申告というのがあるらしい

今年はしょせん2ヶ月分だったので白色申告だったのですが、青色申告にするとオトクらしいです。来年、どうしようかは悩み中です…。

参考図書

これらの本を何回か読んでなんとかなりましたが、まだいまいち分かりません!

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

  • 著者/訳者:きたみ りゅうじ
  • 出版社:日本実業出版社( 2005-12-08 )
  • 単行本:232 ページ
  • ISBN-10 : 4534040016
  • ISBN-13 : 9784534040015
  • 定価:¥ 1,512

成功する個人事業の始め方〈’10‐’11年版〉

  • 出版社:成美堂出版( 2010-06 )
  • 単行本:239 ページ
  • ISBN-10 : 4415308864
  • ISBN-13 : 9784415308869
  • 定価:¥ 1,404

Share this entry

Blog Entry Topics