Blog

WordBench東京でCalypsoについて紹介しました

Posted by admin at 16:14 日時 2015/12/19

#

新しいWordPress.comのダッシュボードが(一部)新しくなり、そのソースコードをAutomattic社がオープンソースとして公開したということで、話題ですね。

Introducing the New WordPress.com

CalypsoはGitHubで公開されています。ライセンスはGNU GPL Version2以降とされています。

Automatticが新しいオープンソースを公開したという話題性もありますが、実装方法がNode.jsで動くアプリケーションで、フロントエンドがReact+Fluxで実装されているという今風な組み合わせであるということも、話題を呼ぶ大きな要素かなと思います。

ちょうどReactを使い始めていることもあり興味があるのでインストールして使ってみましたので、WordBench東京のLT枠で紹介してみました。

WordCamp 東京のレポートを話す実行委員長・清野さん。

WordCamp USのレポートを話すメガネさん。

2015年のWordPressの動きを振り返り、2016年の予想を話す高橋文樹さん

WordBench 東京初参加なので新鮮でした!

発表スライド

Calypso動かしてみたよ! from Hishikawa Takuro

以下、発表の補足です。

インストール&開始方法

  1. 先に git node npm をインストールしておきましょう。
  2. リポジトリをクローンします。git clone https://github.com/Automattic/wp-calypso.git
  3. ローカルの hosts ファイルに 127.0.0.1 calypso.localhost を追加します(重要)。
  4. cd wp-calypso
  5. make run
  6. ブラウザで calypso.localhost:3000 を開き、WordPress.comにログインすれば完了です。

注意点

127.0.0.1 はすでに hosts に登録してあるよと思って編集しなかったら、表示されませんでした。API側のFWで、calypso.localhost だけ許可してあるみたいです。

あと、ハローワールドが docs/guide/hello-world.md に書いてあるのですが、説明の通りでは動きません。controller.js で ReactDom が読み込まれていないエラーになります。下記のように先頭で読み込ませましょう。プルリクエストした方がいいのかしら?

/**
 * External Dependencies
 */
var ReactDom = require( 'react-dom' )
  , React = require( 'react' );

const Controller = {
    helloWorld() {
    	const Main = require( 'my-sites/hello-world/main' );
        
    	// Render hello world...
    	ReactDom.render(
    		React.createElement( Main ),
    		document.getElementById( 'primary' )
    	);
        
        console.log( 'Hello, world?' );
    }
};

export default Controller;

Share this entry

Blog Entry Topics