Blog

CMS大阪夏祭り2015開催しました #cmsfes

Posted by admin at 17:20 日時 2015/09/07

#

今年は8月の終わりにはめっきり涼しくなり、「夏祭りやなくて秋祭りやろ」なんて言われましたが、9/5(土)にCMS大阪夏祭り2015開催してきました!

そもそも、メビック扇町で開催されたセミナーに講師として読んでいただき、その懇親会でNExT Seasonのあんどう氏と「この場所でCMSが集まるイベントやりたいな〜」と盛り上がっていたら、メビック扇町所長の堂野さんに「おもろいやん!やりましょう!」と乗っていただき、あれよあれよと開催日になっていました。

企画が進むうちに関西の様々なCMSコミュニティを巻きこんでいき、最終的には12のCMSコミュニティがあつまる大きなイベントになりました。このイベントを開催するまでは、CMSコミュニティごとの横のつながりも、実はそれほどなかったと思います。共通の知人をたどり連絡先を知るところからのスタートでした。

特に、オープンソース同士はオープンソースカンファレンスなどで会う機会があるものの、a-blog cmsやJimdo、Movable Typeといった非オープンソースなCMSとのつながりは実はあまりなかったと思います。そしてそれは、とてももったいないこと。

当日のオリエンテーションでは、「No.1を決めるイベントではない」というお話をさせていただきましたが、今回のイベント企画の幹として、まずはCMSを選ぶという意識を定着させたいという思いがありました。concrete5 というCMSを推進する立場の仕事をしていますが、Japan IT Weekのように、東京ではCMSを比較検討するという場も意識も身近なものだと思いますが、東京以外ではなかなかそういう意識は薄いのではないでしょうか。自分のCMSをプッシュするのもよいですが、それより前にまず、良い比較検討の場が地方にも必要だと思います。

交流会では「CMSのコミュニティが、こんなに仲良く同じイベントに協力する日が来るなんて!」という声も聞かれましたが、質の高い比較検討の場は、すべてのCMSコミュニティにとってメリットのある機会だと思います。今回のCMS夏祭りが、Webサイトの運用に携わるすべての方にとって、有意義なイベントになっていたらこんなに嬉しいことはないです。

それぞれのCMSブースに足を止め熱心に話を聞いていただいた259人の来場者のみなさん、初めての試みに快く協力してくださった各CMSのみなさん、こちらからほぼ内容指定の登壇を引き受けてくださったスピーカーのみなさん、スポンサーの、CPIさん、Microsoft Azureさん、さくらインターネットさん、Zenlogicさん、そして会場を提供し企画の全体にわたって力強く導いてくださったメビック扇町のスタッフのみなさんに感謝したいと思います。

個人的にも、200人規模のイベントの主催は2011年のWordCamp KOBE以来で、貴重な経験ができました。また、今回、私がイベント主催者側だったため、concrete5 のブースと発表については、完全に私以外の関西のコミュニティメンバーにお任せしました。マジでノータッチです。concrete5 のコミュニティの成長を感じたのが嬉しかったです。今後もお任せしようっと〜

来年もあるかは、実行委員会による反省会の結果次第。ということで、実行委員会の皆様、ビール反省会の席でお話しましょう!

Photo by Atsushi Ando


Share this entry

Blog Entry Topics